FC2ブログ
FX

PSPなどのゲームやPC関連の情報をお届けします!リンク等フリーです!相互リンク募集中です!
東北地方太平洋沖地震募金728×90

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

個人的に興味を持ったニュース

特に書くこと無いので気になったニュースをいくつか紹介。
1.ヒト文字ならぬ「ヒツジ文字アート」

(´Д`)「よくやるね」

イギリスのメエスタッドというチームが、無数の羊を使って「ヒツジ文字」を作るという、大がかりなアートを完成させた。人文字なら日本でも小学生などがイベントのひとつとして行うこともあるが、言葉が通じない動物を使って巨大文字を一体どのようにして作るのだろうか…。

舞台となったのは、イギリス・ウェールズ地方の山の麓。高度な技術を必要とする羊たちを使ったアートが、小さいビデオカメラで映画のように撮影されている。スタッフの指示に従って羊たちを追いこんでゆくのは、もちろん牧羊犬の役割。彼らが正確に素早く羊を所定の位置まで追い込み、どんどん広大な草原一杯に何かが描かれていく様子には誰もが驚くだろう。

こうして最初にお目見えしたのは「巨大なヒツジ」! 羊1匹1匹が持つ、黒と白の毛色の違いによってパーツが区分けされ、大きな目や鼻などが表現されているのには圧巻だ。しまいには、4本の足が動いて、まるで本当に歩いているみたい! 

次は、なんとレオナルド・ダ・ヴィンチのアートが表れる! 着色されたライトを羊に装着。絶妙な色の違いに分けられたパーツをどんどん組み立ててゆくと、あの有名な「モナリザ」が完成されるのだ。これぞまさに究極の芸術。拡大すると、全部羊でできているのだから、これにはダ・ヴィンチもビックリだろう。これらはチームの高度な技術なくしては作ることができない。

日がすっかり暮れると、今度もまた全部の羊にクリスマスツリーのような白光ネオンを装着させて、草原をひたすら走り回らせる。とはいえ、ただ走っているのではない。ひとつひとつの動きは、ちゃんと計算しつくされているのだ。羊たちが秩序を持って花火のように美しく散っていく様子はとても幻想的。

最後に、フランス映画さながらの「fin」という文字を形成して終わるという、ひとつの物語のような作品。


ロケットニュース

で、その動画がこれ
              

うん、普通にすごい
のんびりしてていいな、この仕事


2.アグネスの件で日本ユニセフが週刊新潮を脅し!? 記者がア然

(´Д`)「タレントってスキャンダルが発覚すると大変だね」

タレントのアグネス・チャン(本名 陳美齡)さんは2010年2月、日本ユニセフ協会大使として治安が悪化し危険度最大レベルといわれているソマリアに行き、戦乱と貧困に苦しむ子どもたちを視察した。……と、日本ユニセフ協会は発表した。

しかし、実際はソマリアに行ったのではなく、比較的安全なソマリランド共和国に行っていたのが判明。ソマリランドは国として認められていないため、ソマリアの一部となっているものの、事実上の独立国家として認識されている。

アグネスは安全な地域に行って何をしてきたんだ!? と、インターネット上で大きく非難され、「単なる旅行か」とまで言われている。

この件に関して新潮社の『週刊新潮』が日本ユニセフ協会に問い合わせたところ、信じられない返答があったという。なんと、「なお、貴誌で本件をお取りあげになられた場合、記述の<事実誤認に基づく誹謗中傷>がネット上などで行われている現状も鑑み、その反響次第では、本信ならびに〇〇様(本誌記者のこと)のご質問の文面を当方ホームページなどで公開させていただく所存です。予めご了承ください」と返答されたというのだ。

その返答を読んで『週刊新潮』はア然としたのか「これって、脅し?」とポツリ。また、昨年に奥様と旅行でソマリランドに行った漫画家の やくみつる氏は、「ソマリランドは避難勧告は必要ない」と同誌でコメントしている。

記者と日本ユニセフ協会のやり取りは『週刊新潮 2010年3月25日号』(2010年3月17日発売)に、「アグネス・チャンが遺書を残してソマリランド快適旅行」と題して掲載されているので、興味があれば読んでみるといいだろう。


エキサイトニュース

ユニセフにいままで何回か募金してるんだけど・・・
遺書まで残して旅行でした、なんてあったらタレント人生終了だね
そうだったら、旅行費がどこから出てるのか知りたい
まあ、酷いこと言い過ぎるとユニセフが脅してくるから言わないほうがよさそうだな


3.ダイヤモンドと金で出来た『マリオ』ペンダント、235,000円で落札

(´Д`)「お金はあるところにはあるんだよ・・・・」

世界最大級のインターネットオークションサイト『eBay』で、ダイヤモンドと金で作られたゲームキャラクター『マリオ』の男性用ペンダントが出品されている。オークションはすでに終了しているが、キラキラと輝くマリオの姿が話題を呼んでいる。同メーカーは様々なキャラクターをペンダントトップにして販売しているようだ。

この商品は、アメリカの『SoIcyJewelry』が出品していたものだ。長さ8.25cm、重さ31.6g。天然ダイヤモンド4.25カラット、10kの金を使用。最終的に2,600ドル(約235,000 円)で落札された。出品者の希望価格通りで、値が上がることはなかったと考えられる。

実は同メーカー、いろいろなペンダントトップを制作している。トランスフォーマーやシンプソンズなど、意外と思われるキャラクターをジュエリーに仕上げている。中にはオバマ大統領を模したと思われるものまであり驚かされる。マリオのペンダントは、海外のブログサイトでも話題を呼んでいるが、一方で「世の中で不況でこんなの売れるのか?」との声も挙がっている。


エキサイトニュース

本当に使うのかね
もっと別のところにお金を使った方がいいと思う


はい、今日の更新終わり
それでは。
スポンサーサイト
[ 2010/03/23 14:09 ] ニュース | TB(0) | CM(2)

羊ww、すごいけど・・・外国の人達がいまいちなに考えてるかわからなくなったw。       
[ 2010/03/24 17:11 ] [ 編集 ]
アグネスww
アグネスといえばロリコンの敵というイメージしかww

「こいよ、アグネス」
[ 2010/03/24 00:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

夏目紅葉

Author:夏目紅葉
自分の興味のあることについて情報を提供していこうと思ってます。相互リンクはいつでも絶賛募集中です!して下さる方はこちらからお願いします。

足跡
最新コメント
PSP関連
■ISO関連
PSP Gamebrowser
┃(PC上でISOを管理)
iso_tool
  (ISO総合管理ソフト)
PC関連
■節電系
電気を大切に!
  (様々な条件からPCを自動節電)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。