FX

PSPなどのゲームやPC関連の情報をお届けします!リンク等フリーです!相互リンク募集中です!
東北地方太平洋沖地震募金728×90

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SonyEricson、”プレイステーション携帯”こと「Xperia PLAY」発表!

Xperia PLAY

ついに来ました。

SonyEricsonがPlayStationのゲームなどをプレイできる携帯、「Xperia PLAY」を発表しました(`・ω・´)




以下コピペ↓

 Sony Ericsson Mobile Communicationsは,スペインでAndroidスマートフォンの新製品発表会を開催。そのなかで,“PlayStationケータイ”こと「Xperia PLAY」の実機を披露した。Android 2.3ベースとなる新製品は,「Communication Entertainment」を提供する端末として,世界市場では,2011年3月以降,順次発売予定。最初に登場するのは,Verizon Wireless扱いとなる北米市場の見込みだ。

 ソニー・コンピュータエンタテインメントは,「NGP」(開発コードネーム)やAndroidスマートフォンで初代PlayStationのタイトルをプレイできるよう,開発環境やストアなどを用意することで,クロスプラットフォームの“PlayStation環境”を実現する「PlayStation Suite」を提唱。PlayStation Suiteベースで初代PlayStationのタイトルをプレイ可能な端末を認証するプログラム「PlayStation Certified」と合わせて,2011年中の提供を開始すると予告していたが,今回の「Xperia PLAY」が,PlayStation Certifiedプログラムの認定第一号製品ということになる。

 Xperia PLAYには,Electronic ArtやActivision,Gameloftなどがタイトルを提供する予定で,発表会では「Assassin's Creed」「Dead Space」「Guitar Hero」などの名が挙げられた。当たり前といえばそれまでだが,「PlayStationのタイトルが遊べる」だけに留まらないわけである。
 ローンチ時はこのほか,20以上のパートナーから,50以上のタイトルが投入される予定になっているとのことだ。
 ところで,Xperia PLAYの外観は「PSP go」を彷彿とさせる形状になっているが,完全に踏襲しているかというとそうではない。スライド式のデザインを採用する点や,方向キーに[△/○/× /□]ボタン,[START][SELECT]ボタンを搭載するところまでは確かに同じであるものの,

* PSP goでアナログパッドが1つ用意されていたところのデザインが変わって,ジョイスティック的に利用できる2つのタッチパッドが用意されたところ
* 液晶パネルの向かって左端にあった[PS]ボタンが省略され,方向キーの近くに[メニュー]と思われるボタンが用意されたところ

 が,Xperia PLAYにおけるインタフェース面での大きな変更となる。PSP goのアナログパッドが2連タッチパッドになったことで,よりPlayStation――というか「DUALSHOCK 2」風――になったともいえるだろう。
 トリガーボタンは[L][R]各1と,PSP goから変わらず。アナログトリガーは用意されていないが,これは本体の大きさを考えるとさすがにやむを得まい。

4Gamer.net


それから、気になるスペックは、

・OS:Android 2.3
・プロセッサ:Qualcomm「Snapdragon」(ARM v.7ベースで,動作クロック1GHz。3Dゲームタイトルを60fpsで動作可能とされる。型番は未公開だが,スペックからすると,「Aderno 205」GPUを統合したシングルコアモデル「MSM8255/1GHz」,もしくはそのカスタムモデルか)
・パネル:4インチワイドカラーTFT(16777216色),マルチタッチ対応(※PSP goだと3.8インチ,非タッチパネル)
・パネル解像度:854×480ドット(※PSP goだと480×272ドット)

【インタフェース&機能】
・カメラ:5.1MPixels,オートフォーカス&LEDフラッシュ対応,ジオタグ対応,手ブレ補正機能搭載,ビデオ録画機能対応
・サウンド:Bluetooth Stereo(A2DP対応),オリジナル再生ソフト「Sony Ericsson Music Player」プリインストール,2chステレオスピーカー内蔵&3.5mm径サウンド入出力端子搭載
・A-GPS(Assisted GPS)対応
・Micro USB端子搭載
・Wi-Fi機能搭載

【バッテリー駆動時間】
・連続ゲームプレイ可能時間:5時間35分
・連続mp3再生時間:30時間35分
・GSM/GPRS連続通話時間:8時間25分
・GSM/GPRS待ち受け時間:425時間
・UMTS連続通話時間:6時間25分
・UMTS待ち受け時間:413時間
・CDMA2000連続通話時間:7時間40分
・CDMA2000待ち受け時間:405時間

【ネットワーク対応】
・UMTS HSPA:800, 850, 1900, 2100
・GSM GPRS/EDGE:850, 900, 1800, 1900
・UMTS HSPA:900, 2100
・GSM GPRS/EDGE 850, 900, 1800, 1900
・CDMA2000, cdmaOne, EVDO

【付属品】
・Xperia PLAY本体
・バッテリーユニット&充電器
・「Stereo portable handsfree」(※インイヤーヘッドフォン型のヘッドセットだと思われる)
・microSD(容量8GB)
・Micro USBケーブル(充電,同期,ファイル転送用)
・マニュアル

【そのほか基本仕様】
・本体サイズ:119(W)×62(D)×16(H)mm
・本体重量:175g
・電話帳用メモリ容量:400MB
・フラッシュメモリ対応:最大32GB microSD(※製品ボックスに容量8GBモデルを同梱)
・本体カラー:黒,白

【ローンチ時のコンテンツパートナー】
・Sony Computer Entertainment
・Digital Chocolate
・Digital Legends
・Electronic Arts
・Fishlabs
・Gamehouse
・Gameloft
・Glu Mobile
・Handy Games
・Namco Bandai Networks
・Polarbit
・PopCap
・Trendy Entertainment
・Unity Tecnologies
※機能やスペックは,国によって異なる可能性がある。また,稼働時間はネットワーク接続状況によって異なる

4Gamer.net


なかなかの性能なんじゃないでしょうか(^ω^)

ただ、日本で売れるかどうかは最初に対応しているゲームの種類によると思いますが。

ていうか管理人に言わせればPSPを持ち歩けばいい話だと思いますがね。

3月以降発売みたいなので気になる人は続報を待ちましょう。

それではノシ
スポンサーサイト
[ 2011/02/14 23:00 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

夏目紅葉

Author:夏目紅葉
自分の興味のあることについて情報を提供していこうと思ってます。相互リンクはいつでも絶賛募集中です!して下さる方はこちらからお願いします。

足跡
最新コメント
PSP関連
■ISO関連
PSP Gamebrowser
┃(PC上でISOを管理)
iso_tool
  (ISO総合管理ソフト)
PC関連
■節電系
電気を大切に!
  (様々な条件からPCを自動節電)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。